■PROFILE■
■OTHER■

水中運動のご紹介
■水中運動とは・・・重力からの開放
 水中運動とは水の特性(浮力・抵抗・水圧・温度)を利用した身体に優しい運動です。心理的な開放感も得られ、心と身体、両方へ働きかけます。
 ここではその水中運動の一部をご紹介いたします。




■水中運動の効果
 ・心臓への負担が少ない:水圧による軽い圧迫効果により、足の血行が促進され、心臓へ血液
 が戻りやすくなり、結果として血圧・心拍数を抑えた中で運動を行えます。
 ・関節への負担が少ない:浮力により、足への体重負荷が軽減され、軽い力で身体を動かすこ
 とが出来ます。
 ・柔軟性を引き出しやすい:温熱効果により、筋肉の柔軟性が得られやすくなります。また鎮
 痛作用や新陳代謝の促進効果もあります。

■水中運動の注意点
 ・水中運動の効果を得るには何よりも水に慣れることが必要です。少しずつ
 無理せず行うと良いでしょう。
 ・身体が浮きやすくなる分、不安定になります。二人一組にて壁際で行いま す。
 ・排尿が促進されるので終わったあとの水分摂取が重要です。
 ・プールから急に上がると立ちくらみ、失神の可能性もあるので上がるとき
 はゆっくり
と上がります。
 ・皮膚の温度(32度)より低い水温のプールに入るときは特に体温調節に気を つけます。
  特に体温調節機能の未熟な子供が入るときは注意します。

■水中運動の具体的利用例(腰痛に対して)
 腰痛に対する水中運動の利用例を紹介します。
一般的に腰痛を持っている方では、体幹・股関節の柔軟性の低下、姿勢の崩れ、体幹の筋肉のバランスの崩れが見られます。このような問題点に対して、腰への負担が少ない状態で、全身の調整運動を行います。






| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=57 |
| 理学療法豆知識::水中運動の紹介 | 01:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑