■PROFILE■
■OTHER■

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)
■メタボリックシンドロームとは
 2006年時点での有病者数約1300万人。予備軍約1400万人。
メタボリックシンドロームとは肥満症や高血圧といった将来的に動脈硬化を引き起こす可能性のある危険因子を複数持っている病態のことを指します。

  動脈硬化とは一種の老化現象ですが、危険因子が加われば加わるほど進んでいきます。動脈に硬化が起こると、血液の通り道が狭くなったり、詰ったり、裂けたり、破裂したりすることにより、組織・臓器全体に血行障害を起こします。
心臓病や脳梗塞など致命的な病気に関わってきます。
 
 内臓脂肪症候群は、医療費の約3割を占める糖尿病や脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の大きな原因とされ、08年度からは保健師が積極的に介入指導することを厚生労働省も方針としてうち出しています。

■メタボリックシンドロームの診断基準
  メタボ:なす
・へそ周りのウエスト:男性 85cm以上 女性 90cm以上
であり
・高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つ以上該当する。
と定めています。

■原因
原因は「肥満」です。肥満は2つのタイプがあります。

・皮下脂肪肥満:一目で肥満とわかる体形が特徴。「洋なし型肥満」とも。
・内臓脂肪肥満:外見では分かりにくいがお腹がぽこっと出ているため「りんご型肥満」とも。

メタボリックシンドロームの原因になるのは下の内臓脂肪肥満です。
内臓に脂肪がつくと、血液中に脂肪が溶け出したり内臓に負担がかかることで、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を発症する危険性が高まるためです。

■予防するには?
 原因が肥満ですので、肥満を予防・改善することが先決で、食生活を見直すことが重要です。
 肉中心の欧米型の食事は、肥満の最大の原因となります。
メタボ:肉 控えめに・・・
内臓脂肪は比較的容易にたまるものの、容易に燃焼することができるので、日々の食事や運動を心がければ減らすことは十分に可能です。

 栄養バランスが偏らないことが前提となりますが、まずは食事の量を。腹6〜7分目。肉類を減らし、魚・野菜を増やします。
 1日3食、出来るだけ決まった時間にゆっくり食べます。まとめ食いは太りやすくなるだけでなく、血糖の変動も大きくなります。

運動はいきいきと継続して行います。

有酸素運動は肥満防止のほか、体力の増進、内臓機能の活性化、ストレス解消に効果的。
しかしやりすぎはよくありません。心疾患のある方は医師の指示に従ってください。
運動頻度、時間の目安は

 ・運動強度:うっすら汗をかくも、ハァーハァーならずに隣の人と会話できる程度
 ・運動頻度:1週間に3回
 ・運動時間:1回につき、20〜30分

 
体力にあった運動を行いましょう。 (ストレッチ・ウォーキングなど)

| http://www.iwate-pt.com/index.php?e=56 |
| 理学療法豆知識::用語のご紹介 | 06:06 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑