■PROFILE■
■OTHER■

日本離床学会主催 教育講座
※ご依頼元の原稿を掲載しております。


○しまった!ワタシこれ見落としてた!!2度同じ失敗を繰り返さないための血液データ判読講座
日時:2020年3月28日(土)10:00〜16:10
会場:岩手保健医療大学(JR盛岡駅より徒歩5分)
講師:曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:一般12,800円(税込)会員9,800円(税込)
内容:「語呂合わせ」と「しくじり経験談」から学ぶデータ判読と離床のリスク管理
離床を成功させる究極の3ステップ
3大特徴
疾患別に!・・・疾患別に傾向をみていくからスイスイ身に付く!
数値をしぼって覚えて・・・覚える数値は1パラメーターにつき1つだけ!
臨床に応用する!・・・実際のあるある話に当てはめるから忘れない!
1.血液データ判読の基礎
この言葉の意味を説明できますか?〜血算・血清・血沈・血漿〜
2.疾患別データ判読のポイント
・肺炎/感染(WBC・CRP・ESRほか)
・外科周術期/整形術後/貧血(Hb・PLT・APTT・Dダイマーほか)
・腎機能障害/脱水/透析(BUN・Cr・Ht・Pほか)
・心不全/動脈硬化/心筋梗塞(BNP・K・CPKほか)
・脳血管障害(Na・PT‐INRほか)
・糖尿病(BS・HbA1cほか)
・低栄養/褥瘡(ALB・Tf・Znほか)

○骨折線に目を奪われるな!周りをキョロキョロみて整形外科の危険を回避する画像判読講座
日時:2020 年4 月19 日(日)10:00〜16:10
会場:エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区国分町3-3-7)
講師:瀧田 勇二先生(白金整形外科病院)
受講費:一般12,800 円(税込)会員9,800 円(税込)
内容:この講座では、見落とすと危ないサインを、よくある疾患別に徹底解説。
コメディカルが画像を診て、活かすコツを学びます。
1.肩腱板断裂術後:やっちゃった!内転動作で再断裂そのリスク、術前MRI で管理できます!
2.肩関節周囲炎:なぜ痛い?なぜ挙がらない? リハ必見!肩の画像 読むべきポイント
3.変形性股関節症:残念!そのROM-ex で関節唇損傷リハ前に大腿骨頭の形態異常をチェック!
4.TKA 術後:どうしてだろう、なかなか膝が曲がらないその悩み、術前レントゲンが解決
します!
5.骨折(上腕骨・大腿骨など):ケアが怖い!どうして患部以外を痛がるの?
その痛み、受傷時レントゲンからわかります!
6.脊椎疾患(ヘルニア、狭窄症、リウマチなど):不適切な寝具で神経症状が増悪?
枕の高さやマットの硬さはMRI を見て決める!
7.脊椎圧迫骨折:良かれと思ってやったのに、歩行介助で偽関節?そのリスク、
CT からわかります!
8.外傷(前腕・下腿など):積極的なADL 指導でコンパートメント症候群?その徴候、MRI か
ら予見できます!

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP:https://www.rishou.org/
問合せ:日本離床学会事務局 TEL:03-3556-5585


| http://kagoya.iwate-pt.com/index.php?e=1768 |
| 会員向け::関連団体主催研修会案内 | 10:01 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑